MOTO(モト)の革財布!味わい深さが魅力の全12シリーズ紹介!

MOTO(モト)の革財布

知る人ぞ知る鳥取県米子市に自社ファクトリーを構える革製品メーカーMOTO(モト)!

この記事では革製品メーカーMOTOの財布を分かりやすくシリーズ別に紹介します!

MOTOは2020年に50周年となった老舗メーカーで創業者の本池秀雄氏は世界で始めて「革の人形」というジャンルを確立した凄い方。

日本においても初の県無形文化保持者となった日本のレザーアーティスト第一人者です。

現在は息子の本池大介・作人兄弟によって半世紀にも及び高めてきた本池家の技術で上質な革財布や革製品を制作している。

なんと世界初のレザーアートミュージアム「本池美術館」が2020年に鳥取県にオープンするなど、これからの令和時代に大注目したい革製品メーカーです!

MOTO(モト)の革財布

MOTO(モト)の革財布は革の「味」や「温かみ」といった素材の魅力を最大限に引き上げた革製品が特長です!

おしゃれなユニセックスな財布から無骨で男らしい財布まで様々な財布を展開しています。

また、下の画像の様に使えば使うほどに光沢が増して味わい深く成長してくれる!

4年使用して味わいが増したMOTOの長財布

モトの財布は名前を見るとどの様な財布か分かる様になっています。

例えば「FW1D手染めジップロングウォレット」では「FW1」は「ジップロングウォレット」、「D」は「手染め」を意味しています。

「D=手染め」の様に数字の後に来るアルファベット文字が一番大事になってくるので、分かりやすく下に一覧でまとめます。

無し上質素材を楽しむタイプ
D手染めによる染色を楽しむタイプ
E経年変化に優れるクロムエクセルを使ったタイプ
Cかぶせ蓋にフルベジタブルタンニンを使ったタイプ
R和紙に様なマット感と優れた経年変化のマットバケッタレザーを使ったタイプ

分かってしまえば意外と分かりやすい名前ですね!

どんどん新しい財布も増えており例えば「R」のマットバケッタレザーを使ったタイプは令和に追加登場しました!

それではMOTOの革財布を紹介します!

LW2シリーズ(かぶせ蓋ロングウォレット)

LW2シリーズ(かぶせ蓋ロングウォレット)

LW2シリーズはお洒落なかぶせ蓋(フラップ)で開閉する長財布シリーズで、開閉のホックはmotoと刻印された925シルバーコンチョが取り付けてあります。

かぶせ蓋を開けるともう一つかぶせ蓋が表れ大開口大容量のコインケースが備わる。

カードポケットは珍しい縦入れ収納タイプが6ヶ所と横入れ収納タイプが1ヶ所、札入れポケットが1ヶ所備わっています。

手染めのLW2Dとかぶせ蓋にフルベジタブルタンニンを使ったLW2Cが出ている。

LW2シリーズの写真(抜粋)と情報

LW2シリーズの各種財布

価格帯34,000~36,000(税抜)
財布種類
  • LW2(フルベジタブルタンニン)
  • LW2C(かぶせ蓋フルベジタブルタンニン)
  • LW2D(手染め)
  • LW2R(マットバケッタレザー)
素材
  • フルベジタブルタンニン(牛革)
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー
  • ピンク
  • ブラック
  • その他含め全10種類以上!
サイズ縦10cm×横19.5cm
収納
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×7
  • フリーポケット×1

FW1シリーズ(ラウンドジップロングウォレット)

FW1シリーズ(ラウンドジップロングウォレット)

ビンテージデニムをイメージさせる2本ステッチラインが印象的なラウンドジップ長財布がFWシリーズです!

引き手金具もビンテージな雰囲気漂うデザインになっておりロゴが刻印された革の引き手が付いています。

ファスナーを開けると大きく分けて3つのエリアに分かれており、中心にすぐに小銭が取り出せるファスナー無し小銭入れ、左右にカードポケット付き札入れポケットを備えています。

非常にシンプルですっきりとした内装ながらマチが大きく開くので中身の出しれがしやすく機能的!

FW1Dという手染めタイプも出ており、外装の革の面積が広いので手染めの味わい深く美しい染色が良く分かります!

FW1シリーズの写真(抜粋)と情報

FW1シリーズの各種財布

価格帯38,000~40,000(税抜)
財布種類
  • FW1
  • FW1D(手染め)
  • FW1R(マットバケッタレザー)
素材・イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • ダークブラウン
  • グリーン
  • イエロー
  • バーガンディ
  • ブラック
  • その他含め全7種類以上!
サイズ縦9.5cm×横19.5cm
収納
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×5

W1シリーズ(二つ折りウォレット)

W1シリーズ(二つ折りウォレット)

925シルバーコンチョが正面右下に取り付けられており、ステッチラインもL字になっている左右非対称の外観を持つ二つ折りウォレット!

また外観は縦型二つ折り財布に見えるが開くと実は一般的な横型というもの特長。

収納は王道配置の二つ折り財布で右にマチ付きホック付き小銭入れ、左にカードポケットが3ヶ所、そして札入れが2ヶ所備わっています。

外装がカラーバリエーション豊かになっており、内装はナチュラルカラーで統一されている。

W1シリーズの写真(抜粋)と情報

W1シリーズ(二つ折りウォレット)を持つ男性と内装収納ポケット

価格帯22,000~24,000(税抜)
財布種類
  • W1
  • W1D(手染め)
  • W1E(クロムエクセル)
  • W1R(マットバケッタレザー)
素材
  • フルベジタブルタンニン(牛革)
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
  • クロムエクセルレザー(アメリカ製牛革)
カラー
  • ピンク
  • グリーン
  • イエロー
  • ブルー
  • ブラック
  • その他含め全7種類以上!
サイズ縦12.5cm×横9.8cm
収納
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×5

W2シリーズ(二つ折りウォレット)

W2シリーズ(二つ折りウォレット)

W1シリーズ同様に二つ折りウォレットですが、W2シリーズは一般的な横に開いて使うタイプとは違い縦に開く二つ折りウォレットです。

そのため小銭入れがやや横長で大きいため小銭の取り出しがしやすいというメリットがあります。

その他収納力も十分で慣れてしまえば携帯性も良くとても機能的に使えるタイプ。

カラーバリエーションも豊富で革財布らしいブラウンやブラックから、珍しいグリーンやピンクまでも出ています。

W2シリーズの写真(抜粋)と情報

W2シリーズ(二つ折りウォレット)を持つ人と収納ポケット一覧

価格帯23,000~25,000(税抜)
財布種類
  • W2
  • W2D(手染め)
  • W2E(クロムエクセル)
  • W2R(マットバケッタレザー)
素材
  • フルベジタブルタンニン(牛革)
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
  • クロムエクセルレザー(アメリカ製牛革)
カラー
  • ブラック
  • ナチュラル
  • バーガンディ
  • グリーン
  • ネイビー
  • その他含め全8種類以上!
サイズ縦9.5cm×横13.8cm
収納
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×4
  • カードポケット(フリーポケット)×2

W6シリーズ(三つ折りウォレット)

W6シリーズ(三つ折りウォレット)

W6シリーズは三つ折りウォレットタイプですが、簡単に説明すると先程紹介したW2シリーズの縦に開く二つ折り財布にホック式のかぶせ蓋(フラップ)が備る事で三つ折りタイプになった財布です。

W2シリーズ同様にコンパクトサイズながらもやや大きめの小銭入れが付いた中身が取り出しやすい財布です。

デザイン性においてもお洒落なかぶせ蓋がある分優れていますが、開閉の際にホックで開閉するのでそれを面倒と思うかデザイン性に優れていると取るかはオーナー次第。

革の素材をダイレクトに感じるW6を始め、W6Dの手染めタイプ、W6Cのかぶせ蓋にフルベジタブルタンニンレザーを使ったタイプと豊富に出ています。

W6シリーズの写真(抜粋)と情報

W6シリーズ(三つ折りウォレット)を持つ男性と内装収納ポケット

価格帯26,000~28,000(税抜)
財布種類
  • W6
  • W2D(手染め)
  • W2C(かぶせ蓋フルベジタブルタンニン)
  • R(マットバケッタレザー)
素材
  • フルベジタブルタンニン(牛革)
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
  • クロムエクセルレザー(アメリカ製牛革)
カラー
  • イエロー
  • ブルー
  • グリーン
  • ピンク
  • ネイビー
  • その他含め全8種類以上!
サイズ縦9.5cm×横13.8cm
収納
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×4
  • カードポケット(フリーポケット)×2

W5シリーズ(三つ折りショートウォレット)

W5シリーズ(三つ折りショートウォレット)

W5シリーズは50年以上の歴史を誇るMOTOの革財布の中では比較的新しい令和に出た三つ折り財布シリーズです。

かぶせ蓋付きでコロンとやや丸みのあるフォルムは女性にもオススメです。

札入れポケット仕切り付きですのでお札の種類分けやレシート入れなど自由に使い分け可能。

カードポケットは計4ヶ所備わっており約8枚も収納可能で、カブセ蓋の裏に備わるカードポケットはSuicaやPASMOなどの接触決済カードを入れておくと財布ごとかざすだけで決済OK!

わざわざ財布からカードを取り出す必要がなくスピーディーに決済出来ます。

W5シリーズの写真(抜粋)と情報

W5シリーズ(三つ折りショートウォレット)の各種財布

価格帯24,000(税抜)
財布種類W5R(マットバケッタレザー)
素材
  • マットバケッタレザー(イタリア製和紙風牛革)
  • フルベジタブルタンニン(イタリア製牛革)
カラー
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー
  • ブラウン
  • ブラック
サイズ縦9.5cm×横11.0cm
収納
  • 札入れ(仕切り付き)×2
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×4(約8枚収納可能)
  • フリーポケット×1

CA6カードケースシリーズ(コンパクトウォレット)

CA6カードケースシリーズ(コンパクトウォレット)

名刺やカードを収納するカードケース兼コンパクトウォレットとして使えるのがCA6シリーズで令和に登場!

必要なカードをまとめて収納しておける便利な大容量カードケースとしての使い方はもちろんだが、畳んだお札もカードも小銭も入るため財布としても大活躍します。

しかもカードを入れるためのコンパクトサイズですので、携帯性に大変優れている!

キャッシュレス令和時代は今までサブとして使われてきたカードケースなどがメインとして活躍出来る時代です。

CA6カードケースシリーズの写真(抜粋)と情報

CA6カードケースシリーズ(コンパクトウォレット)の各種財布

価格帯13,500(税抜)
財布種類CA6(マットバケッタレザー)
素材・イタリアンサドルレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • ブルー
  • ピンク
  • グリーン
  • イエロー
  • ブラウン
  • ブラック
サイズ縦7.5cm×横11.5cm
収納
  • カードポケット×3
  • 外装カードポケット×1

W9シリーズ(ミニウォレット)

W9シリーズ(ミニウォレット)

手のひらサイズのミニウォレットながらも925シルバーコンチョが似合うワイルドな雰囲気を持つW9シリーズ!

コンチョは外装に備えた小銭入れのかぶせ蓋用で、内装は札入れとカードポケットとなっておりスッキリとしたデザインになっています。

カードポケットは2ヶ所ですがカードを2〜3枚束ねて入れるタイプですので約6枚は収納可能。

時代はキャッシュレスですので収納力は適度で良く、その分携帯性に優れてワイルド感のある財布が欲しい方にピッタリです。

W9シリーズの写真(抜粋)と情報

W9シリーズの財布を持つ男性と収納ポケット

価格帯18,000(税抜)
財布種類
  • W9
素材
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • イエロー
  • ブルー
  • グリーン
  • ブラック
  • ブラウン
サイズ縦8cm×横10cm
収納
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×2

MOTOR(モーター)の財布

MOTOR(モーター)の財布

MOTOR(モーター)はシリーズではなくMOTOが展開するオリジナルブランドでバイク乗りに似合うワイルド感が強いアイテムや革財布を展開しています。

財布にはバイク乗りに似合うウォレットチェーンが付けられる925シルバーのリングが付けられている。

オイルをたっぷりと含むエクセルレザー(牛革)を素材としており、使い込む程にオイルによって経年変化(エイジング)が進み味わいを増して凄みのある財布へと育つ!

バイク乗りでもそうでない人でもワイルドに外で使い込みガンガン経年変化させてやりたい。

長財布とショートウォレット(二つ折り財布)をはじめ、時計やブーツやライダースなど豊富な商品も出ています。

MOTOR(モーター)の写真(抜粋)と情報

MOTOR(モーター)の長財布を持つ男性と二つ折り財布

価格帯31,000〜39,000(税抜)
財布種類
  • ロングウォレット
  • ショートウォレット
素材
  • クロムエクセルレザー(牛革)
カラー
  • ナチュラル
  • キャメル
  • ネイビー
  • ブラック
  • ブラウン
サイズ
  • 【ロングウォレット】縦8cm×横19cm
  • 【ショート】縦13cm×横10cm

MOTORATORY(モトラトリー)の財布

MOTORATORY(モトラトリー)の財布

ブランド名MOTOに研究所のLABORATORYを付けたプライベートブランドMOTORATORY(モトラトリー)。

研究所の名を持つ通り実験的な財布を展開しており、2020年では流行りの薄型L字ファスナー長財布を中心に展開。

内装に備えた小銭入れはファスナー無しで外装のL字を開けた瞬間すぐに小銭の取り出しが可能。

左右の札入れ兼フリーポケットはお札を入れたりカードをダイレクトに入れたりと自由に使えます。

素材にはMOTOでは使っていない、シボ(凹凸)模様が特長的なドイツ製高級牛革シュランケンカーフを採用したタイプも出ており、ダークなカラーから華やかなカラーまで出ています。

MOTORATORY(モトラトリー)の写真(抜粋)と情報

MOTORATORY(モトラトリー)のL字ジップロングウォレットの収納とカラーバリエーション

価格帯18,000~25,000(税抜)
財布種類
  • L字ロングウォレット
素材
  • クロムエクセルレザー(牛革)
  • シュランケンカーフ(ドイツ製牛革)
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
  • クロムエクセルレザー(牛革)
カラー
  • ベージュ
  • パープル
  • ネイビー
  • ブラック
  • ブラウン
  • その他含め全8種類以上!
サイズ縦10cm×横18cm×厚さ1.7cm
収納
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×3

C1シリーズ(コインケース)

C1シリーズ(コインケース)

人気の馬蹄型のコインケースがC1シリーズです。

一般的のタイプとは少し違いホック側に向かって薄くなる携帯性に優れる薄型デザインになっています。

馬蹄型ですので財布を握って斜めにすれば、中のコインがスライドしてきて下の受けに入るので最高に小銭が取り出しやすい!

C1シリーズの写真(抜粋)と情報

C1シリーズコインケースを持つ人と全カラーバリエーション

価格帯8,000(税抜)
財布種類
  • C1
素材
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • ブラック
  • ブラウン
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー
  • ピンク
サイズ縦8cm×横7.8cm×厚さ1.5cm
収納
  • 小銭入れ×1

C2シリーズ(コインケース)

C2シリーズ(コインケース)

バケット型のコインケースで馬蹄型同様に財布を握って斜めにすると、中のコインが下にスライドしてきて受け皿で受け止めるコインケースです。

素材には上質な牛革2種類を使っっており一つは滑らかな質感の牛革でかぶせ蓋に使用しており、もう一つはややシボ(凹凸)模様があり鮮やかな発色のイタリア製牛革を使用しています。

薄型で携帯性に優れておりカラーバリエーションが豊富!

C2シリーズの写真(抜粋)と情報

C2シリーズコインケースを持つ人とカラーバリエーション一覧

価格帯94,000(税抜)
財布種類
  • C2
素材
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
  • MーBOX(牛革)
カラー
  • ブラック
  • ブラウン
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー
  • ピンク
サイズ縦8.5cm×横8.0cm×厚さ1.5cm
収納
  • 小銭入れ×1

もう手に入らない!MOTO廃盤シリーズ

格好良いのに何故か廃盤になってしまったシリーズもありますので紹介します。。

今では新品は購入出来ませんが、MOTOの財布は40年は使えると言われているのでいつか手に入るかもしれません!

W4シリーズ(二つ折りウォレット)

W4シリーズ(二つ折りウォレット)

上質なイタリア製牛革イタリアンカウレザーを使った二つ折り財布で、シルバーコンチョ付きのベルトで留める手帳の様なお洒落なデザインがW4シリーズです。

大きめの小銭入れに豊富な収納力が備わっており使い勝手も優れています。

W4シリーズの写真(抜粋)と情報

W4シリーズ二つ折りウォレットのカラーバリエーションと内装収納ポケット

価格帯25,000(税抜)
財布種類
  • W4
素材
  • イタリアンカウレザー(イタリア製牛革)
カラー
  • ブラウン
  • グリーン
  • イエロー
  • ブルー
  • ブラック
サイズ縦13.8cm×横9.5cm
収納
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1
  • カードポケット×4
  • カードポケット(フリーポケット)×2

まとめ

経年変化で味を増したMOTOの二つ折り財布

老舗革製品メーカーMOTO(モト)の財布をシリーズ別、そしてプライベートブランドも含めて詳しく紹介しました!

基本は上質牛革を使った経年変化に優れた使えば使うほどに味わいを増すという、新品よりも買って使い込んでから楽しめるというのが特長と言えます。

財布の他にも服や靴やシルバーアクセサリーなども展開しており、男なら誰でも好きになる格好良い商品ばかり!

NEWアイテムもガンガン出ていますので老舗メーカーながらも令和にぜひ注目して欲しい!

公式ページ

moto (モト)

オススメ革財布ブランドTOP3!!
COCOMEISTER

日本の革財布職人の中から特に優れた技術を持つマイスタービルド(熟練職人)を集め、世界トップクラスの高級レザーを素材に採用!
世界トップブランド同等かそれ以上のポテンシャルながらも、有名ブランドの様に高いブランド料が発生しないコストパフォーマンスが魅力でリピーターも多い!

クラシカルな雰囲気漂うシンプルデザインから自然と放つ高級感は大人の男性の格好良さを格上げしてくれます!

・コストパフォーマンス◎
・デザイン◎
・経年変化(エイジング)◎
・耐久性◎
・使い勝手◎
・オリジナル性○

yuhaku

独自染色技術に優れるyuhaku(ゆはく)の革財布は美しく都会的な雰囲気が漂います。

4〜8種類もの染色液を駆使して職人の手染めによる幻想的なグラデーション模様や、最先端技術インクジェットプリントによる撥水効果のある模様、伝統の染め技法「絞り染め」による唯一無二の模様など、息を飲むほど美しい革財布が揃います。

外観の美しさだけでなく染め上げるベースとなる素材も一流レザーを採用、革財布へと仕立てるのも技術の高い職人のため品質も優れています。

・コストパフォーマンス○
・デザイン◎
・経年変化(エイジング)○
・耐久性◎
・使い勝手○
・オリジナル性◎

Bellroy

人々を分厚い財布から開放するべく活動するオーストラリア発ブランド!
キャッシュレス社会に最適な軽量・薄型・コンパクトの革財布が豊富に揃っているためミニマリスト必見のブランドです!
中でも世界で愛される超ロングセラー二つ折り財布Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)は、薄型コンパクトながらも長財布以上の収納力を持ちつつ使い勝手が抜群!
他にも長財布の中に二つ折り財布が付いている2in1財布Carry Out Walletなど魅力的な革財布が多い!

・コストパフォーマンス○
・デザイン○
・経年変化(エイジング)○
・耐久性○
・使い勝手◎
・オリジナル性◎

おすすめ・特集
saifu-osusumeをフォローする
財布の森

コメント

タイトルとURLをコピーしました