水染めコードバンの革財布ならココマイスターのマイスターシリーズ

水染めコードバンのマイスターシリーズの財布

日本人職人が手掛けるブランド「ココマイスター」のコードバンシリーズは実は3つある!

1つは米国ホーウィン社シェルコードバンを表裏に使った経年変化を楽しむシェルコードバンシリーズ!

参考記事最高級!ココマイスターシェルコードバンの財布4選と名刺入れ!

もう一つは日本のロウ引きコードバンと欧州ヌメ革を使ったブルームと経年変化を楽しむコードバンシリーズ!

そして今回紹介するのがこの最後の1つ、日本で生産される水染めコードバンとイタリアンオイルドレザーを使った、染色と経年変化を楽しむマイスターコードバンシリーズです!

最高級の水染めコードバンの財布

水染めコードバンという言葉は革財布業界では人気の馬革だが最高級クラスがこのココマイスター製マイスターコードバンシリーズ!

この水染めは日本人らしいきっちりした染色により綺麗に染め上がり、みずみずしい光沢感が特徴です!

面白いのが革の厚い部位と薄い部位の違いで色が染まりやすい、染まりにくいの違いが出る!
これにより風合いある偶然のムラ感が楽しめる。

自然界にない不自然で均等なカラーリングされた財布は今日で卒業しましょう!

スカイスクレーパー

水染めコードバンのラウンドファスナースカイスクレーパー
メンズ、レディース共に大人気のラウンドファスナー長財布。

内装は左右対称のシンプル仕様で、収納量も普通で余分な革の厚みがなく薄型です。

最大の特徴となるファスナーはYKK社製ゴールドファスナー仕様で、スルスルっとした滑らかなスベリと高級感を漂わせる!

価格 ¥70,000
サイズ 縦9,8cm×横19,3cm×厚さ2,2cm、オープン時の開き幅10,5cm、重さ197g
外装 水染めコードバン(日本)
内装 最高級オイルドレザー(イタリア)、ヌメ革
カラー ブラック、ボルドーワイン
収納量
  • カードポケット×8
  • フリーポケット×2
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1

公式スカイスクレーパーの公式ページはこちら

ハイフライヤー

水染めコードバンの長財布ハイフライヤー
「The 日本の財布」という印象を僕は受けました!

小銭入れ付きの伝統的な作りに伝統の染め上げを施した、おそらく最も使いやすい王道長財布タイプ!

水染めコードバンのみずみずしい光沢感と透明感が、数ある同タイプの中でも一際目立ちます。

札入れ部が2つあるラウンドファスナータイプとは違い1つのみでスタイリッシュ!

カードポケットを倍近くまで増やしており収納量も頼もしい!

価格 ¥67,000
サイズ 縦9,3cm×横19cm×厚さ2,3cm、オープン時の縦19,7cm、重さ161g
外装 水染めコードバン(日本)
内装 最高級オイルドレザー(イタリア)、ヌメ革
カラー ブラック、ボルドーワイン
収納量
  • カードポケット×15
  • フリーポケット×3
  • 札入れ×1
  • 小銭入れ×1

公式ハイフライヤーの公式ページはこちら

ラスティング

水染めコードバンの二つ折り財布ラスティング
こちらも定番中の定番の作りの二つ折り財布です。

ココマイの財布はヘタに収納を増やしたり、小銭入れを横にしたりと変わったデザインはせず基本は定番の形です。
特にこの日本の染め上げ技術を使った財布は定番型が最も似合います。

実は札入れ部にもカードポケットが2つ隠されており、カードポケット6ヶ所と収納量も多い!

バックを持つのが嫌いな身軽な日本男児に使って欲しい携帯性の良い財布!

価格 ¥48,000
サイズ 縦9,0cm×横11cm×厚さ2,7cm、開いた時の横22cm、重さ111g
外装 水染めコードバン(日本)
内装 最高級オイルドレザー(イタリア)、ヌメ革
カラー ブラック、ボルドーワイン
収納量
  • カードポケット×6
  • フリーポケット×3
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1

公式ラスティングの公式ページはこちら

ラウンドヘッド

水染めコードバンの小勢入れラウンドヘッド
スカイスクレーパーのミニ版でちょっと可愛くも見える小銭入れ!

小銭、お札、カードも収納出来るので、まさしく手の平に収まる携帯性重視の財布!

財布とは別で小銭入れが欲しい方は、このコンパクトサイズでカードも入るのでよく使うカード、例えば電子マネーを入れたりすればメイン財布の出番は少なくなります。

サイズ感もそうですが、開いてみるとまた可愛らしさがあります。
カードがピッタリ収まるところも良いですね!

メイン財布として使いたい方は、ポケットに重みを感じにくいので持っていて楽です!
なんたって74gしかないですからね!

価格 ¥26,000
サイズ 縦7,6cm×横11,8cm×厚さ1,8cm、オープン時の開き幅10cm、重さ74g
外装 水染めコードバン(日本)
内装 最高級オイルドレザー(イタリア)、ヌメ革
カラー ブラック、ボルドーワイン
収納量
  • カードポケット×2
  • フリーポケット×2
  • コインポケット×1

公式ラウンドヘッドの公式ページはこちら

ブレイズ(名刺入れ)

水染めコードバンのブレイズ(名刺入れ)
こちらは財布ではないですが、革の名刺入れが僕は好きなので同じシリーズという事もあり紹介します。

コードバンの名刺入れなんてとても贅沢ですが、安いシルバーの名刺入れとは違いますから、名刺交換時は持っているとどこか気が引き締まる効果が期待出来ます。

それにシルバー名刺入れは指紋が付いて汚れますが、革は付きません。

革の名刺入れは温かい感じがあり、高級感も持ちますのでビジネスシーンにおすすめです!

収納量は名刺が50枚、受け取った名刺やカードや定期を入れられるフリーポケットも付いています。

価格 ¥28,000
サイズ 縦7,5cm×横11,1cm×厚さ1,2cm、開いた時の縦15,5cm、重さ56g
外装 水染めコードバン(日本)
内装 最高級オイルドレザー(イタリア)、ヌメ革
カラー ブラック、ボルドーワイン
収納量
  • 名刺ポケット×1(名刺約50枚収納)
  • フリーポケット×2
  • 札入れ×
  • 小銭入れ×

公式ブレイズ(名刺入れ)の公式ページはこちら

水染めコードバンのエイジング

このシリーズは外装のコードバンは経年変化はほぼしませんので、色合いの変化が無いです。

逆に内装のオイルドレザーはめちゃくちゃ経年変化します!
なんせイタリアのバケッタ製法で作るエイジングレザーですから、オイル潤沢に含み綺麗な飴色への変化を楽しめます!

このギャップを楽しめるのが、マイスターコードバンシリーズの特徴の1つ!

日本を感じる最高級の財布

日本の伝統製法の染め上げですから、やはり雰囲気から日本を感じる!

財布は欧州ブランドの名前を掲げた方が売れるイメージが強い現代だが、この財布は日本製という事を大きくアピールしたい!

まとめ

水染めコードバンの最高クラスの財布と名刺入れの紹介でした!

世界的に有名な経年変化するシェルコードバンとは同じ種類の革でも、真逆の魅力を持つのがマイスターコードバンです。

変化する風合いではなく、伝統の染め上げ染色の風合いを楽しむ財布。

しかし、内装のイタリアンレザーで経年変化を存分に楽しめる「良いとこ取り」のシリーズだなと僕は思います。

公式ココマイスターコードバン公式ページはこちら

この記事をお届けした
財布の森の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事をシェアする

フォローする