デニム生地の財布!セルビッチデニム×スクモレザーラウンドジップ

Sデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

偉大なる日本の素材である岡山のセルビッチデニムと京都の染師が染める天然本藍染革「SUKUMOLeather(スクモレザー)」をかけ合わせたカジュアルな高級ラウンドジップ長財布「Sデニム✕スクモレザーラウンドジップ長財布」を紹介します!

制作は日本のBluestone(ブルーストーン)というブランドで、この財布にも使われているスクモレザーを主力として革製品を展開しています!

【参考記事】メンズレザーストア紹介のおすすめブランドの人気革財布と商品紹介

デニムと革という全く違った素材を使った新しいタイプの財布は、デニムのカジュアル感と高級皮革のドレッシーさを併せ持つおすすめの財布です!

セルビッチデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

セルビッチデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

タイプは男性と女性のどちらにも人気が高いお洒落なラウンドジップ(ファスナー)タイプ!

使用している革とデニム、そして収納量やカラーと言った財布のプロフィールを詳しく説明したいと思います!

公式ページ【メンズレザーストア】Sデニム✕スクモレザーラウンドジップ長財布

ビンテージ感の出るデニム財布

ビンテージ感の出る外装のデニム生地

そしてもう一つのメイン素材としてデニムの一大産地である岡山のセルビッチデニムを贅沢に使用!

【セルビッチデニムとは?】

旧式の織機で作るデニムで通常のデニムより手間が掛かり高価で希少です!

職人の技で作るデニムの為、素材感が良く使い込んだ時の色落ち具合が圧倒的に良いのでデニム愛好家に好かれています!

上質なジーンズ同様に使い込むと部分的に色落ちし(アタリと呼ばれる)新品よりもビンテージ感が出てきて格好良くなっていくのがデニム財布の特長です!

男性は特にこういったビンテージ感の出る財布は魅力を感じるでしょう!

世界が注目する日本の革

外装の世界が注目するスクモレザー

ブルーストーンの代名詞とも言えるスクモレザーはジャパンブルーの名で世界で愛される藍色です!

藍色風ではなく「本物の藍色」となります。

なぜなら600年の歴史を持つ徳島産の天然染料である「すくも」を使用!

本物の藍師である外山良治氏によって育てられたすくもの葉を使い、京都の染師の浅井直幸氏が牛革に染め上げている為、古来から日本に根強く存在する本物の藍色を持つ革です!

革の仕上げも兵庫県たつの市の最新設備を持つタンナー坂本英和氏が仕上げるというこだわりの天然本藍染革です!

ちなみに、スクモレザーを外装全面につかった特注財布も存在しております、詳しくは下記の記事を御参照下さい。

【参考記事】ジャパンブルー!ブルーストーンのスクモレザーラウンドジップ長財布

高級感のある内装の山羊革

高級感のある内装の山羊革

外装の2大素材ばかり目がいってしまうが、内装の素材にもこだわりがありデザイン性と性能も優れる高級皮革「ヌバックゴート革(山羊革)」を採用している。

凹凸のある個性的な表情を持っており、摩擦に強くしなやかながら型くずれもしにくい為、高級革手袋などに使われる事が多い素材ですが、その特性上財布の内装の素材としても大変優れています!

内装も革を使っていますので、ラウンドファスナーを開いたら安い生地を使っている財布とは違って大変満足出来る財布となっております。

実用的な収納量とこだわりの2色

一目で分かる内装の収納レイアウト

通常のラウンドファスナー同様にファスナーを開くとアコーディオンの様に開き、小銭入れを中心に左右対称に札入れとカードポケットが並んでいるレイアウトです!

ファスナーを開けた瞬間に財布の中身がすぐに確認出来るので実用的です!

札入れと小銭入れ

札入れは両側マチ付き(使用時に大きく広がる)でお札が掴みやすくてしまいやすい。

小銭入れは片方がマチ付きで、こちらも口が大きく広がり小銭を素早く取り出せる。

カードポケットとフリーポケット

カードポケットは横収納で左右に各4ポケット(計8ポケット)を装備。

フリーポケットは両側マチ付きですから、レシートやカードなどを入れやすい上にお札の収納としても使えます!

公式ページにはフリーポケット2つとなっていますが、左右のカードポケット段裏に各1つありますから計4つもあります!

hanada「縹色(はなだいろ):薄い藍色」

hanadaの各部

tome-kon「留紺色(とめこんいろ):非常に濃い藍色」

カラーは2パターン出ており、薄いhanadaと濃いtome-konが出ています!
スクモレザー部と内装部の色がかなり違っておりどちらも格好良いです!

まとめ、カジュアルでドレッシーな財布

置いてあるSデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

カジュアルとドレッシーの両方を持つ新感覚のラウンドジップ長財布の紹介でした!

ブルーストーンは優秀な日本ブランドなので作りと価格が優れています!

細部まで丈夫に作り上げる丁寧な作りでなので長年使えます!大人向けのシンプルデザインで流行りの影響も受けない!

高級素材と丁寧な作りながら4万円台はとても安いです!

派手で流行りの影響を受ける上に価格の高い海外財布よりもこちらの方が他人とも被らないし、何よりデザイン性にも優れておすすめだと思います!

Sデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

Sデニム×スクモレザーラウンドジップ長財布

価格48,070(税込)
カラー①hanada(はなだいろ)、②tome-kon(とめこんいろ)
サイズ縦9,8cm✕横19,3cm✕厚さ2,3cm
素材岡山県井原産セルビッチデニム、スクモレザー(天然本藍染革)、山羊革(ヌバックゴート)
収納量札入れ✕2、小銭入れ✕1、カードポケット✕2、フリーポケット✕4
製作Bluestone(ブルーストーン)

公式ページ【メンズレザーストア】Sデニム✕スクモレザーラウンドジップ長財布

オススメ革財布ブランドTOP3!!
COCOMEISTER

日本の革財布職人の中から特に優れた技術を持つマイスタービルド(熟練職人)を集め、世界トップクラスの高級レザーを素材に採用!
世界トップブランド同等かそれ以上のポテンシャルながらも、有名ブランドの様に高いブランド料が発生しないコストパフォーマンスが魅力でリピーターも多い!

クラシカルな雰囲気漂うシンプルデザインから自然と放つ高級感は大人の男性の格好良さを格上げしてくれます!

・コストパフォーマンス◎
・デザイン◎
・経年変化(エイジング)◎
・耐久性◎
・使い勝手◎
・オリジナル性○

yuhaku

独自染色技術に優れるyuhaku(ゆはく)の革財布は美しく都会的な雰囲気が漂います。

4〜8種類もの染色液を駆使して職人の手染めによる幻想的なグラデーション模様や、最先端技術インクジェットプリントによる撥水効果のある模様、伝統の染め技法「絞り染め」による唯一無二の模様など、息を飲むほど美しい革財布が揃います。

外観の美しさだけでなく染め上げるベースとなる素材も一流レザーを採用、革財布へと仕立てるのも技術の高い職人のため品質も優れています。

・コストパフォーマンス○
・デザイン◎
・経年変化(エイジング)○
・耐久性◎
・使い勝手○
・オリジナル性◎

Bellroy

人々を分厚い財布から開放するべく活動するオーストラリア発ブランド!
キャッシュレス社会に最適な軽量・薄型・コンパクトの革財布が豊富に揃っているためミニマリスト必見のブランドです!
中でも世界で愛される超ロングセラー二つ折り財布Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)は、薄型コンパクトながらも長財布以上の収納力を持ちつつ使い勝手が抜群!
他にも長財布の中に二つ折り財布が付いている2in1財布Carry Out Walletなど魅力的な革財布が多い!

・コストパフォーマンス○
・デザイン○
・経年変化(エイジング)○
・耐久性○
・使い勝手◎
・オリジナル性◎

メンズレザーストア 長財布 4万円台
saifu-osusumeをフォローする
財布の森

コメント

  1. saifu-osusume より:

    財布の森を管理しております「もりもり」です。

    前田殿

    当サイトの記事を見て頂きありがとうざいます。

    さて、前田殿のコメント「日本製のデニム長財布を作ってもらいたいのですが。」についてですが、当サイトでは主に日本製の財布を紹介しておりますが、財布を作る工房はありません。

    ですが、もしコメントの意図が「日本製のデニム長財布の紹介記事を作ってもらいたい」という事であれば今後の紹介記事の参考にさせて頂きます。

    今後とも財布の森を見て頂けたら幸いです。

    以上です。

  2. 前田早登 より:

    日本製のデニム長財布を作ってもらいたいのですが。

タイトルとURLをコピーしました