マネークリップって便利?それとも不便?

マネークリップって便利?それとも不便?

貴方の周りで、貴方を含めマネークリップを使っている人って何人いますか?

正直、私の場合は財布が大好きな私以外には使っている人は一人もいません。
ちなみに私の家族も使っていません(少しも使う気すらない様子)。

なぜなら「普通の財布の方が絶対に使いやすい」と信じて疑わない、お札だけしか収納出来ない財布だから不便だと思っている!

自分の中で普段使いには不便過ぎて使えない財布だと最初から切り捨てており、自分には必要ないアイテムだと思っているから使っている人は少ないと思います。

マネークリップって使える?

置いてあるマネークリップ

マネークリップは使えるのか使えないのか?

理由は後で説明しますが、ここで答えを言いますと、「中には凄く使えるマネークリップが存在する!」です。

一般的に多く出回っているのは使いにくいと思いますが、実は収納力が優れて使えるマネークリップは探せばあると言う事です!

更に言えばこれからは、長財布と二つ折り財布と同じ位に存在感を増してくる時代が来ると予想している!

マネークリップとは?

マネークリップの内装

そもそもマネークリップとは、海外でチップを渡す文化に都合が良い様に生まれた財布の最良の形で、スムーズに格好良くチップを渡すアイテムです。

通常の財布の様にお札入れ(ポケット)に収納するのではなく、金属の札クリップにお札を挟む様に収納する事で、必要な時にすぐに取り出せます!

なのでチップ文化が全く無く、財布を使う時は自分で準備してから望む会計時以外には使わない日本では、使いにくいのは当たり前の話です!

スッキリとしたデザイン

しかし、板の様に薄くて持っているのを忘れてしまいそうな程に携帯性が優れているのも事実!

それにスッキリとしておりデザイン性にも優れています!

ですが、どんなに携帯性が良くてお洒落だろうとマネークリップという時点で多くの日本人は買わないのでしょう!

しかし、もしもですよ、、、もしも万が一!

そんな日本人に合わせて、日本のメーカーが作った日本での使用向けのお札以外の収納付きで、お洒落で携帯性抜群のタイプがあるとしたら見てみたくないですか?

薄型で軽いし、カードも入るし小銭も入るし、しかもお洒落ということになる!

小銭もカードも入るマネークリップ

小銭もカードも入るマネークリップ

実は今はお札以外も収納出来るタイプが続々出ており、基本カード収納が付いているタイプが多く出ています。

中には小銭入れ付きという二つ折り財布との境界線ギリギリの位置にいる商品もあります。

当サイトでも「マネークリップメンズ用11選!小銭入れ付きカード入れ付きもあり」で紹介しているので、参考にして下さい。

マネークリップの薄さと軽さ

長財布・二つ折り財布との厚さの比較

何と言っても薄い!とにかく薄い!

上の画像は普通の財布と厚みを比べた画像ですが、かなりの違いがあります。

普通の財布は厚さが2cm以上、重さは100gは軽く超えて来るのが当たり前ですが、マネークリップとなると1cm以下の薄型で100gを切る軽さを実現している。

現金を使わないキャッシュレス社会に流行る財布

クレジットカードでの会計の風景

これからは会計で現金が必要のないキャッシュレス社会がどんどん進んで行きます。

今の日本ではクレジットカード、電子マネーカード、そしてApple Pay(アップルペイ)といったスマホでお会計が出来る事で、現金を持っていなくても買い物や美味しい物が食べられる時代です。

レンタルビデオや電気屋など、お店のメンバーズカードだって今ではスマホのアプリを取ればカードを持つ必要が無い。

それにビックカメラやコジマなどは仮想通貨という手で買い物が出来る!

財布に入れるカードは、免許証、保険証、クレジットカードの3枚あれば大丈夫って方も多いと思います。

そうなると財布に大容量さは必要がない、適度に収納力があり携帯性とデザイン性に優れる財布というのが、これからのキャッシュレス社会にピッタリな財布だと感じています。

正にそれはマネークリップでしょう!

熟成仕切った長財布と二つ折り財布に比べて、マネークリップはまだまだ伸びしろがある!

これからどんどん実用的なタイプが出てくるはずです!

マネークリップが合っている日本人

マネークリップを持っている男性

チップ文化がある海外ではなく、ここ日本でマネークリップが合っている方は一体どういった方が合っているのでしょうか?

カードを6枚以上収納したい方やお札を何十枚と収納したい方は長財布や二つ折り財布を選んだ方が良いです。

マネークリップの中にはカード収納や小銭入れが付いているタイプがあるので、今二つ折り財布派の方はけっこう合っている人が多いと思います。
見た目も似ていますしね。

長財布派の方は収納力と長財布のデザインを選んで使っている方が多いと思いますので合わない可能性が高い。
今までカードを10枚近く又はそれ以上入る財布を使ってたのですから、不便と思うかも!

なのでマネークリップが合っている方は、カード収納は5枚以下(商品によっては5枚も入らない場合もある)の方で、お札は大量に入れない方。

そして小銭入れを別で持っている方(小銭入れ無しタイプが多いので選ぶバリエーションが増える)だと思います。

サブ財布として使えるか?

メインはどうしても普通の財布が良い方は、サブとしては使えるのでは?

普段使っているメイン財布とは別に、ちょっとしたお出かけやスーツスタイル時だけに使用する胸ポケットに入れられる財布としてなどのサブの使い道もあります。

コンビニにちょっと行ってくる場合や、結婚式の日に持っていく財布としてなど、普段は使わないけど時々、ちょっとした事で持っていくサブ財布はあると便利です!

他にも、お金を持っているとその分使ってしまう方も世の中にはいます。

自分への戒めのために、今日はお金を使わない様に現金をあまり入れる事が出来ない財布として使うっている手もあり!

まとめ

お洒落なリュテスのマネークリップ

昔ほど現金を持たないキャッシュレス社会では、マネークリップは非常に使える便利な財布です。

ただし、日本ではお札以外の収納力を備えたタイプのみが便利と言える!

長財布や二つ折り財布に比べれば、板の様な薄さを持つ最強の携帯性はかなり魅力的です!

今でも現金で支払う事自体が、古くて現代的じゃないという感覚すら出ている方たちも多いですが、これからは本当に現金を出す事が恥ずかしい時代がやってくるかも。

アメリカの様にクレジットカード社会が進んでいる海外では、買い物で現金を出すと時間が掛かるので店員や後ろに並んでいる方が嫌な顔する事があるそうです。

カード大国アメリカと違って日本ではまだ現金支払いだけのお店も多いので、ある程度の現金は必要ですから適度な収納力を持つマネークリップがこれから1番注目したい財布だと思う!

ちなみに、私が使っているのは小銭入れとカード収納も兼ね備えるリュテスのマネークリップ。
日本人職人による総手縫い(オールハンドステッチ)で作る丈夫な作りで、素材はイタリアの高級牛革を使っており、使い込む程に味わいの増す経年変化(エイジング)が楽しめる!

当サイトのマネークリップ紹介ページはこちら

この記事をお届けした
財布の森の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事をシェアする

フォローする