ココマイスターのショルダーバック紹介!丈夫でおすすめです!

ココマイスターの革のショルダーバック

ラフに使えてカジュアル感を出しつつも、どこか大人らしい高級感も兼ね備えるココマイスターのショルダーバック!

このブランドのバックは休日でも油断しずぎず、人よりも一歩前のお洒落さを決めたい大人の為に送られています。

安いショルダーバックはすぐにボロボロになり壊れる

その辺で売ってる安価なバックを買うとすぐに摩擦や弱い角からボロボロになっていく。

下の画像は安価な素材を使ったバックです、すぐに摩擦部分からボロボロになります。
ボロボロになったショルダーバック

このタイプのバックは持ち上げる、引っ張る、肩に掛ける等で丈夫さが大前提です!

PUレザー等のフェイクレザーはただの革風です、安価だからと買うと長く使えませんし、ブランドを間違えると作りが弱いから縫製部分から壊れていきます。

この様な壊れるバックを見ると、丈夫でデザインも良く高級度も高いココマイスター製がやはり魅力的に思える!

丈夫なココマイスターのショルダーバック4選

ココマイスターの丈夫なショルダーバック

丈夫で長く使えるのは本物の天然皮革と上質素材で作る日本のココマイスター製が一番です!

上質な天然皮革と日本人職人によって作られる本物志向のショルダーバックを今から紹介します!

各パーツは丈夫に縫い付けられており何十年もの使用に耐える!

また、万が一壊れても永久保証を持つココマイスターは修理も行っています!

革の味わいを感じるエイジング(経年変化)によりこだわりの「俺のバック」へと進化させたい!

マルティーニアーバンショルダー

マルティーニアーバンショルダー
イタリアの高級皮革マルティーニをふんだんに使ったエイジングを楽しめるショルダーバック!

外装にはサイズ大のファスナーポケットが2つ、またその間にはマグネットで開閉するオープンポケットがあり、ここはモノをすぐに取り出せる!

全体的に角張ったデザインに、各パーツは少しだけ丸みをつけ全体的に大人らしい雰囲気となっています。

カジュアル感の強いよく見るタイプだが、この大人らしいデザインと、高級皮革の存在感により明らかに「他よりレベルが格上」という事を一目で認識出来ます。

アーバンショルダーの写真

アーバンショルダーの各部分の写真

価格 98,000(税込)
カラー ①オールドブラック、②ブランデー、②ビターチョコ
外寸 縦41cm×横18cm×厚み5,5cm(外ポケット含める場合11cm)、ショルダーの長さ57~104cm調節可能、重さ950g
内寸 深さ32,5cm×横15,5cm×厚み5cm(メインポケット)、深さ20,5cm×横14,5cm×厚み4cm(外ポケット)
素材 マルティーニ(イタリア)、リモンタ社Davis(イタリア)
金具 黒ニッケルサテー
収納量
  • メインファスナーポケット×1(外装)
  • サブファスナーポケット×1(外装)
  • マグネット付きポケット×1(外装)
  • フリーポケット×2(内装)
  • ファスナーポケット×1(内装)
公式ページ

マットーネラージショルダー

マットーネラージショルダー

ココマイの中でも1.2を争う大人気シリーズ「マットーネシリーズ」から、革を楽しむ大容量ショルダーバックが出ました!

気品のあるカジュアルバックという言葉が大変似合う出来上がりです。

メインポケットの中には小物入れポケットが3つ。

必要なポケットだけを付けて作りはシンプルですから、モノが入れやすく多く入りデザイン的にも優れています。

見た目程重さはなく、肩に掛けた時その意外な軽さに驚き使い易さを再認識させてくれる。

細かい部位にも革を使いながらもこの軽さを実現しているのは、重くならない様に1枚革を贅沢に使用しているからです。

内装は日本の東レ(株)の高い技術で作られるウルトラスエードを使用し、上品な風合いと柔らかい質感が気持ちが良い。

この素材は高級車やクルーザー、または航空機の内装で使われる上質素材で汚れに強く軽量という性能も抜群です。

ラージショルダーの写真

マットーネラージショルダーの各部分の写真

価格 90,000
カラー ①オールドブラック、②ブランデー、③ビターチョコ、④ダークネイビー
外寸 縦26cm×横33,3cm×厚み9cm、ショルダー長さ90〜139cm、重さ890g
内寸 深さ25cm×横幅33cm×底厚み8cm(メインポケット)、深さ21cm×横25cm(正面外ポケット)、深さ21,5×横24,5cm(背面外ポケット)、深さ12,5×横幅10cm(フリー内ポケット)、深さ15cm×横17cm(ファスナー内ポケット)
素材 マットーネ(イタリア)、ウルトラスエードハイパフォーマンス(東レ)
金具 ニッケル
収納量
  • フリーポケット×2(外装)
  • フリーポケット×2(内装)
  • ファスナーポケット×1(内装)
公式ページ

ドルチェードボディショルダー

ドルチェードボディショルダー

2016年に登場して以来数々の雑誌に掲載された人気ショルダーバックで、スペースシャトルと宇宙からインスピレーションを得て誕生しました。

ファスナーはYKK社製ですが、日本ではなく「YKKイタリア」の最高クラスという日本では大変珍しいファスナーを使っている。

しなやかさと気品のあるイタリア最高級カーフ「ラドムカーフ」を外装に使っており、軽量で汚れに強い!

またマットーネも細部に使うことで、高級感の強いデザインに仕上げている。

内装には肌触りの良いリモンタ社Davisを採用し、背中に摩擦して当たる部分には、米国の軍用防弾ベストでも使われる日本製バリスティックナイロンを採用!

通常のナイロンとは段違いの強度と耐久性を持っている。

長い時間とコストを掛けて誕生したココマイの自信作で、間違いなく定番商品となると公言してる一押しバック!

ドルチェードボディショルダーの写真

ドルチェードボディショルダーの各部分の写真

価格 86,000(税込)
カラー ①アトモスフィア、②シャトル、③フュエル
外寸 縦34cm×横18,5cm×厚み6,5cm、ショルダー調節76~137cm
内寸 深さ25,5cm×横幅16cm×厚み5,5cm(メインポケット)、深さ20cm×横幅16cm×厚み2,5cm(外ポケット)、深さ22cm×横11cm(縦ファスナーポケット)
素材 ラドムカーフ(イタリア)、マットーネ(イタリア)、バリスティックナイロン(日本)、リモンタ社Davis(イタリア)
金具 真鍮
収納量
  • メインファスナーポケット×1(外装)
  • マグネット付きポケット×1(外装)
  • 縦ファスナーポケット×1(内装)
公式ページ

マットーネマルチショルダー

マットーネマルチショルダー
イタリア最高級レザーマットーネのエイジングを存分に楽しめる、丁度良いサイズのショルダーバック。

同記事で紹介している大容量のマットーネラージショルダーの通常サイズタイプです。

通常サイズですが、作りがシンプルでメインポケットが大きく想像以上に沢山荷物を入れる事が出来ます。

またサイズ感が絶妙で使い勝手が良く、使い込む事でどんどん味が出るので、つい荷物が無くても持って行きたくなる!

軽くてストレスも感じないから毎日の使用にも適しています。

内装には東レのふわふわ素材ウルトラスエードを採用、日本最高の技術から生まれるスエードは手触りの良さに加え、軽量で汚れに強い素材です!

マットーネマルチショルダーの写真

マットーネマルチショルダーの各部分の写真

価格 65,000(税込)
カラー ①オールドブラック、②ブランデー、③ビターチョコ、④ダークネイビー
外寸 縦23cm×横25,5cm×厚み6,3cm、ショルダー調節93~140cm
内寸 深さ21cm×横幅24,5cm×厚み5,5cm(メインポケット)、深さ18cm×横幅20,55cm(外ポケット)、深さ12,5cm×横幅15cm(内ポケット大)、深さ12,5cm×横幅9,5cm(内ポケット小)
素材 マットーネ(イタリア)、ウルトラスエードハイパフォーマンス(東レ)
金具 ニッケル
収納量
  • フリーポケット×1(外装)
  • フリーポケット大×1(内装)
  • フリーポケット小×2(内装)
公式ページ

まとめ

ドルチェードボディショルダーを持つ男性

どれも革のオーラを感じる格好良いバックばかりです!

カジュアルに使うバックですが、「この人のバックはどこか違うぞ!」「高級そうなバック」をすぐに分かるから格好良いですよね!

また、軍用防弾ベストの素材やイタリア高級レザー使う、日本人の熟練職人による作り、本当にブランドのこだわりのクセが凄い

他のブランドとは完成度の差がついて当然と言ったところだ!

ココマイスターショルダーバック

この記事をお届けした
財布の森の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事をシェアする

フォローする