アブラサスとよつばと!のコラボ!薄い財布ダンボーバージョン紹介!

アブラサス薄い財布ダンボーバージョン
ポケットの中でかさばらない、究極にうすくてコンパクトな財布といえばアブラサスの二つ折り財布が有名です!

二つ折り財布を選ぶ人は、無駄が大嫌いで機能性を求める方が多いと思うんですよね。

長財布みたいに余分なスペースを取らず、ポケットにスッと入りパッと出かけられる身軽さが二つ折り財布の最大の魅力だと思います。

アブラサスの二つ折り財布はめっちゃ薄いから、お尻のポケットはもちろん胸のポケットにもスッと入ります。

これはとっても便利で服を選ばないんですよね!

お尻のポケットが無いジャージの時に上着のポケットに入る!
仕事や結婚式で着るスーツの胸ポケットにもスっと入ります!

これは長財布じゃ真似出来ませんよね。

それほど薄くてコンパクトな二つ折り財布は機能的で便利なんですよ。

決してオーバーな言い方でないですが、ライフスタイルを変えてしまう程です!

公式ページ薄い財布ダンボーバージョン公式ページ

アブラサスとよつばと!のコラボ!ダンボーver.の財布

よつばとのコラボ!薄い財布ダンボーバージョン
コンパクトの魅力を究極に高めたアブラサスの二つ折り財布から、めっちゃおすすめの特別コラボバージョンが出ました!

それは・・・・・。

漫画の「よつばと!」に出てくるダンボールのキャラクターロボット「ダンボー」とのコラボ財布!

その名も「薄い財布アブラサスダンボーVer.」です!

どストレートな名前がアブラサスらしくて好きです!

よつばと!は広い世代に人気がありますし、読んだ事無い方もダンボーのキャラクターは知ってる方が多いですから、この財布が人目に触れれば話題性が高いと思います!

ですが、話題性はあるけどはたして使いやすいのか?どこがオリジナルと違うの?って気になると思いますが、大事な機能性はオリジナルとまったく同じですので安心して下さい!

主に厚さを抑える革のパズル構造、鍵が入れられる隠しポケット付き等ですね。
ガギが入れられる隠しポケット

アブラサスの薄い財布の構造や機能性の詳しい情報は『凄く薄い二つ折り財布は人気のアブラサスがおすすめ!』の記事を確認して下さい。

オリジナルとダンボーVer.は何処が違うのか?

ダンボーVer.だけの特別仕様を説明します!

まず素材ですが、国産の厳選された牛革の使用は同じですが、型押しではなく素仕上げの革です。
この方がダンボールっぽいですからね!

また、クラフトカラーもこのダンボーVer.だけのオリジナルカラーとなっていますよ!
さらにダンボーを連想させます!

そしてなんと言っても一番のポイントは小銭いれ部分にあるコイン投入口のマーク(白丸に横線のマーク)ですね!

このマークは実際に漫画のダンボーにもあります、こういうワンポイントが良いですよね!

ちなみに、漫画の中でダンボーは「私はお金で動く」と言っています、言い換えればお金を入れて機能するという意味ですから、財布とのコラボは本当にぴったりなキャラクターです!

アブラサスダンボーVer.のサイズっていくつ?

アブラサスダンボーVer.のサイズ

薄さも大事ですが、もう1つ気になるサイズは、縦9,8cm×横9,5cm×厚0,7cmで開いた時は21cmとなります。

この財布が気になる方は、薄さとサイズにこだわる方も多いと思います。

薄くてもデカイのでは機能的に使いにくいです、ポケットが膨らむのもカッコ悪いですし。

この財布はとてもコンパクトで機能的です!ポケットの膨らみも気になりません!
意外と二つ折り財布は大きいモノが多い中、このコンパクトサイズはとても魅力的です!

まとめ

コラボは素晴らしいのですが、ダンボーとのコラボでどうしてもダンボールのイメージが出てしまいます。

アブラサスが使用している革は国産の専用に厳選された天然の牛革です!

縫製の糸も「切れにくく、ほつれにくい」最高の耐久性を持つ高品質の糸を使って出来ている財布で、非常に長く使えます!

もちろん1つひとつ職人が手作りしています!

日本の革職人が作る非常にレベルの高い「モノづくり」から出来ていますから、安心して購入して下さい!

アフターサービスもしっかりしています!

Good Design賞受賞のアブラサスのデザイナーと熟練職人が作るアブラサスダンボーVer.はとてもおすすめの財布ですよ!

薄い財布 abrAsus ダンボーVer.

薄い財布 abrAsus ダンボーVer.

価格 16,200円(税込)
素材 牛革(アブラサス厳選)
ブランド 日本:アブラサス(abrAsus)

公式ページ薄い財布ダンボーバージョン公式ページ

この記事をお届けした
財布の森の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事をシェアする

フォローする